TOP > 積丹半島の青い海と生ウニ丼を味わえるバスツアー

積丹半島の青い海と生ウニ丼を味わえるバスツアー

北海道の積丹半島は、有名なドライブコースの一つです。
新札幌や千歳から出発するバスツアーがあり、日帰りツアーの料金は7000円から8000円ぐらいです。

昼食に名物の生ウニ丼を食べられるツアープランも人気があります。日帰りのツアーは朝8時前後に集合し、神威岬や島武意海岸などの観光スポットを巡った後、18時から19時ぐらいに出発地点まで戻ってきます。

神威岬は積丹半島の北西部にあります。

長野のラフティングについての情報をお探しの方は必見です。

駐車場から神威岬の端まで遊歩道が伸びていて、30分前後歩くと岬の先端までたどり着けます。



遊歩道の床の部分は網状になっているので、ヒールの細い靴は避けた方が良いでしょう。岬の周囲に広がる青い海は透明度が高く、海底に沈んでいる小石が透けて見えるほどの美しさです。


起伏のある地形には、黄色いエゾカンゾウなどの草花が咲いていて、訪れる人々の心を和ませてくれます。


遊歩道の先には、高さ12メートルの神威岬灯台があります。

岬の先端は展望広場になっていて、絶壁の下には大海原が広がっています。

キラキラと輝くシャコタンブルーの海には、神威岩と呼ばれる岩礁が見えます。

この神威岩には、源義経に恋をしたチャレンカという娘の悲しい恋の伝説が残されています。


島武意海岸は、日本の渚百選にも選ばれているほどの絶景です。暗いトンネルを通り抜けると、青く光り輝く海のグラデーションを一望することができます。

階段があるので海岸まで降りられますが、高さがかなりあるので注意が必要です。



海岸は大きめの石がたくさん転がっているため、運動しやすい靴を履いて行った方が安全です。